翠明荘の歴史

明治28年奥座敷と土蔵が建設される
昭和9年門・日本館・洋館が建設される
設計施工堀江組

日本の近代建築史上に名を残す翠明荘が最初に建築されたのは明治28年のことです。その後昭和9年より昭和12年までに増築され、戦前は第五十九銀行(青森銀行の前身)頭取の高谷英城氏の別邸「玄覧居」として使用されました。

堀江弥助(名工堀江佐吉一族:重要文化財青森銀行記念館や斜陽館等の建築で有名)の施工による建築は、総檜・入り母屋造りで、屋根は丸桟銅板葺き、内部は書院造りを基調としており、各部屋には炉が切られ、茶室としての趣を備えております。

内装では、三間一枚の欅の廊下、七間半のつなぎ目の無い板を敷き詰めた廊下、金箔をちりばめた格天井等があり、現在では手に入らない部材も数多く用いられております。

建具は、七々子塗りや、現在途絶えたカマ・ツバミ工法などによる凝った造りとなっております。中でも欄間・扉等の彫刻は、富山の名工、故横山白汀氏(日展評議員)の手によるものです。

座敷から望める緑の庭園は名代の茶人、小堀遠州好み桂離宮枯山水の流れをくむ茶庭。

京都より呼び寄せた名庭園師、辻地月の設計による手彫りの灯籠、侘びた庵など粋を凝らした造形、自然のたたずまいと調和した美しさで目を楽しませます。

弘前には名工・堀江佐吉とその一族(堀江弥助は九男)による建造物が多く残っており、翠明荘から徒歩圏内にも、青森銀行記念館・旧弘前市立図書館(ともに堀江佐吉)、日本基督教団弘前教会教会堂(堀江伊三郎)などの洋風建築が現存しています。
お食事の前に後に、明治の名匠の造形巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

弘前・津軽観光情報もご覧ください。

登録有形文化財としての翠明荘

翠明荘(旧高谷家別邸)はその歴史的価値が認められ、青森県の登録有形文化財に6件、国登録有形文化財に1件が登録されています。
旧跡・名所の多い弘前を観光で巡られる際には、ぜひお立ち寄りいただき、お料理と共に歴史をお楽しみ下さいませ。

ページトップへ