弘前観光

青森県の南西部に位置する弘前市は、古くは津軽藩の居城として文化を醸成してきました。 弘前公園を中心として市内各所に武家屋敷や寺社仏閣が立ち並ぶ歴史の香りが濃い街です。

春の弘前さくらまつりは、毎年200万人前後の観光客を集め、日本一とも称されています。 東日本では唯一現存する天守、朱塗りの下乗橋、りんごの選定技術を用いた満開の桜の共演は、和の美しさを存分に伝えます。

また、明治以降は文化都市・学都として栄え、明治期には堀江佐吉とその弟子たちによる洋館が多く建造されました。さらに昭和には前川國男による市庁舎や弘前市民会館などが建ち、各時代のモダンな建築物が共存する、全国的にも珍しい街並みとなっています。

歴史と文化の街、弘前

岩木山

岩木山は、津軽のシンボルであり、そこに暮らす人たちの心の拠り所。津軽平野の中にいるとどこからでも見えるので、ランドマークとしても最適。

弘前公園(弘前城)

藩政時代は津軽藩の居城として、以降は弘前市民の憩いの場・観光地として、弘前の中心でありつづける公園です。翠明荘からは徒歩で数分の場所にあるため、お食事の後の散策がおすすめです。

ねぷたまつり

津軽全域に夏の火祭り「ねぶた・ねぷた」が存在しますが、弘前のねぷたまつりは優美で幻想的なのが特徴です。毎年8月1日から7日まで、市内中心部でご覧いただけます。

りんご

弘前といえば日本最大のりんごの産地。 もちろん秋に生で食べていただくのが一番ですが、お酒やお菓子などの加工品も多く販売されていますので、お土産に最適です。

津軽(弘前周辺)観光

新幹線で東京から4時間、気軽に訪れることができるようになった弘前は、宿泊施設の多さから周辺観光の拠点としても便利です。 スキーやトレッキングといったアウトドア、ホタテやマグロなどの海の幸食べ歩き、弘前から少し足を伸ばして青森を楽しんでみませんか?

自然を心ゆくまで楽しむ、青森

世界自然遺産白神山地

日本初の世界自然遺産である白神山地は、弘前の隣・西目屋村からアクセスするのが便利です。トレッキングや森林浴をお楽しみいただけます。車で1時間ほど。

八甲田山

同名の小説(映画)と樹氷で有名な八甲田は、弘前の東北東。弘前からは車で1時間程度です。千人風呂で有名な酢ヶ湯温泉や蔦温泉など名湯もたくさん。

十和田・奥入瀬渓流

こちらも全国的な観光地。弘前市からのアクセスは車で1時間40分ほど。遊歩道を巡り、温泉に入ってから弘前でお食事、というコースはいかがでしょう。

西海岸の夕陽

夕陽の街、深浦へは弘前から2時間ほど。弘前でランチを楽しんだ後にJR五能線リゾート白神に乗ると、晴れた日だとオレンジ色に染まる日本海を楽しめます。

ページトップへ